インクカートリッジの捨て方は?使用済みと残量がある場合の違いを解説 - インクのチップス本店

インクカートリッジは、オフィスや家庭で広く使用されています。
便利な一方、インクカートリッジの処分の方法に悩んだことがある人も多いのではないでしょうか?
本記事では、使用済みと残量がある場合のインクカートリッジの捨て方について解説します。

使用済みのインクカートリッジの捨て方


使用済みのインクカートリッジの捨て方はいくつかあります。純正品と互換品でも違うので、それぞれ解説します。

メーカーの回収サービスを利用する

多くの純正メーカーは回収サービスを実施しています。
対処は純正品のみですが、使用済みのインクカートリッジを店舗に持ち込むか、メーカーに郵送することで、再利用または適切にリサイクルされます。
主な純正メーカーの回収サービスをご紹介します。

エプソン

エプソンの使用済みエプソン純正カートリッジ 引取回収サービスを利用して、使用済みのインクカートリッジを返送できます。
エプソンは専用の回収袋やボックスを提供しており、エプソンのサイトから申請できます。
使用済みエプソン純正カートリッジ 引取回収サービス

キヤノン

キヤノンも同様に使用済みインクカートリッジの回収を行っています。
単品から回収可能で、使用済み消耗品の数量が多い方は集合回収専用箱を申請すれば無料で送ってもらえます。
使用済みカートリッジ/トナー容器回収のご案内

HP

HPプラネットパートナーズを利用し、インクカートリッジを無料で返送またはインクカートリッジ里帰りプロジェクトの回収ボックスへ投函することができます。
業務用インクカートリッジの場合、専用の回収キットをオンラインで注文し、使用済みカートリッジを返送することができます。
ご使用済みインク・トナーカートリッジリサイクルプログラム

家電量販店等にある回収ボックスを利用する

一部家電量販店や郵便局、自治体では使用済みインクカートリッジの回収サービスを提供しています。
純正メーカー4社が共同で運営する「インクカートリッジ里帰りプロジェクト」というものあり、そちらのホームページから回収ボックスの設置場所を調べることができます。
インクカートリッジ里帰りプロジェクトの回収ボックスで入れられるインクカートリッジはキヤノン、エプソン、ブラザー、HPの4社の純正品のみとなっています。
一部の家電量販店では互換インクも回収している店舗があります。互換インクが回収可能が事前に確認の上、ご利用ください。

家庭ごみとして出す

インクカートリッジは、トナーカートリッジと違って家庭ごみで出すことが可能です。
自治体によってごみの種別やルールが違いますので、お住まいの自治体のルールに従ってください。

残量がある、または未使用のインクカートリッジの場合


プリンターを買い換えた等で未使用またはインクが残っているインクカートリッジを処分する場合でも、基本的には使用済みのものと同様に処分して問題ありません。
回収ボックスも著しい破損品、改造品以外は回収可能と記載されているため、残量が残っているプリンターインクでも入れることができます。
また、未使用の場合は友人や家族に譲ったり、リサイクルショップやフリマサイトで売るのも良いかもしれません。

まとめ

インクカートリッジの処分方法をいくつか紹介しました。
インクカートリッジの処分方法は、回収ボックスに持っていくことが一番簡単かつ環境に優しいです。
その他の回収ボックスへ出せないインクの場合は、互換インクメーカー等が行っている回収のサービスや家庭ごみとして出すことができます。
家庭ごみとして出す場合は、お住まいの自治体のルールに従って出すようにしましょう。

インクのチップスプリンターインク商品一覧
記事一覧に戻る

おすすめ商品

キヤノン用 BCI-381XL+380XL/6MP 互換インク 6色セット 大容量
キヤノン用 BCI-381XL+380XL/6...
販売価格¥2,880~
エプソン用 KAM-6CL-L (カメ) 互換インク 6色セット 増量版
エプソン用 KAM-6CL-L (カメ) 互...
販売価格¥2,230~